RGSS2備忘録その10 セルフスイッチへのアクセス

こんばんわーみなさん( ^ω^)
今日も基礎シリーズをやります。今日はセルフスイッチへのアクセルじゃなくてアクセスする方法を
紹介したいと思います。

セルフスイッチは、スクリプトなしでは、他のイベントや、マップから参照したり代入したりすることは
できません。ところがどっこい、スクリプトを使えばそれらが可能になります。
やり方は以下のとおりッス。

まず参照の仕方から。(イベントコマンド内のスクリプトの使用を想定)
$game_self_switches[[マップID, イベントID, "A~D"]]を使います。
マップID、イベントIDにはそれぞれ、数字を入れます。
"A~D"は、AからDまでのいづれか1文字を入れます。これは文字列なので "" を忘れないで
ください。また、大文字でないといけません。
ONならtrue、OFFならfalseが返ってきます。

変更(代入)する場合は、単純に=を使って、ONならtrue、OFFならfalseを代入してやれば
いいです。
同じマップ内のイベントに直ちに変更結果を反映させるには$game_map.need_refresh = true
を最後に付け足しておいてください。

これで、他のイベントだろうが、マップだろうが自由にセルフスイッチを操作でできるようになったと
思います。やったね(^▽^)

今日はこれまでです。
でわまた(^▽^)ノシ
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

RGSS2備忘録その9 変数へのアクセス

|ω・`)ソォー


)))彡 サッ



|ω・`)ソォー


こんばんわー(^▽^)ノ
久々にブログを更新いたします。
いままでの備忘録シリーズはもう書くことがなくなったので、
RGSS基礎シリーズでもはじめようかと思います。

今日はイベントコマンドを使って変数やスイッチへアクセスする
方法をやります。
変数にアクセスするには$game_variables[n]を使います。nには1~5000までの
整数を入れます。
5番目の変数を取得するには
$game_variables[5]
で、取得できます。
10番目の変数に-50という値を代入したいときは
$game_variables[10] = -50
といれれば、代入できます。

今日はここまでです。
次はスイッチのアクセスの仕方について書きたいと思います。
でわ(^▽^)ノシ

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Suppon

Author:Suppon
すっぽんでーす。(^▽^)
カルドラ鋭意制作中( ・`ω・´)
Twitter => suppon01
メールはこちらへ
suppon2008@gmail.com

Twitter...

Twitter Reload

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる